クィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」がまだまだ盛り上がっている件

映画を見て盛り上がったのはもう昨年のことなのに、まだまだ僕の周りではクィーンが盛り上がっています。(^_^;) というのも毎月、ウクレレの教室でウクレレを弾く機会があるのですが、そこで「ボヘミアン・ラプソディ」をウクレレ弾くという無謀なチャレンジをしているのです。あの「ボヘミアン・ラプソディ」です。普通に考えてもあの難曲をウクレレで弾くということ自体、不可能と思われるのですが、ウクレレ業界?には、ジェイク・シマブクロという天才マエストロがおりまして、彼が「ボヘミアン・ラプソディ」をウクレレ1本でカバーしているのです。それがとても素晴らしい演奏なのです。しかも彼は、このクィーンブーム以前にすでに弾いていたわけです。そんなわけで、彼の弾いている「ボヘミアン・ラプソディ」を弾けるようになるというのは、ほぼ不可能に近いことなのです。でも世の中何が起こるかわかりません。とにかく、弾いて見たいという人だけで、楽譜を入手し、少しずつ練習してみようとことになったのです。どーなるのか全くわかりませんが、楽譜をみただけで、こりゃだめだというのが現状なのです。笑脱毛ラボ パーツ