安室ちゃんとイモトの対面を見て、残された1ヶ月に思いを馳せる

たまたまYoutubeを観ていたら、「【イッテQ】安室ちゃんとイモトがついに感動の初対面!」というタイトルが流れてきた。
イッテQは数えるほどしか観たことはないが、イモトが安室ちゃんを好きだということは知っていた。
やっと会えることができたのかとこちらも喜んでしまった。
芸能界でも安室ちゃんに憧れている人は多い。
そして、同じ業界だからと言って簡単に会えるものではないのだと改めて感じた。
憧れの人を目の前にした時は芸能人も普通の人間に戻ってしまうのだから不思議である。
安室ちゃんというと私もそこそこファンである。
だけど、コンサートには一度しか行ったことがない。
安室ちゃん自身も好きだし、歌も好きだが、コンサートに行くという熱量までにはならなかった。
CDで聞いているだけで十分だったから。
日本のあちこちにアムラーが溢れ、私も細眉に厚底を履いていた。
バーバリーのミニスカートは買えなかったけれど、それに似たスカートを買って着ていた。
あの時代は人生の中でとても大切な思い出となっている。
だから、安室ちゃんが引退を発表した時に私も涙が出てしまった。
私の人生もひとつ幕が閉じるのだと思うとしんみりとしてしまった。
安室ちゃん引退まであと1ヶ月強。
テレビで安室ちゃんを見ることができるのかわからないが、その時があったら大切に拝見したいと思う。http://www.iaahlisboa2015.com/

個人で稼ぐなら少し儲かったぐらいで生活レベルを上げてはならない

今日Twitterを見たら独立して個人でゲーム開発したら年収15万円になったという記事が紹介されていました。
読んでみると現在は奥さんに外で働いてもらい、家事をしながらゲームを作っているそうです。
ゲームで年収15万円というのは何とも少ないですが、私が作ったゲームの収益はそれ以下なので悲しくなります。
でも奥さんに養ってもらっているというのは何とも羨ましく思いました。
他には仮想通貨のアプリで一時期は月収30万円に行ったけど今は数千円しかないという話しもあります。
私は仮想通貨を買っていたのですが、その利益はあっという間になくなってしまいこれも身につまされるものがありました。
個人で働いている身だと少し儲かっただけで生活レベルを上げてはいけないということがよく分かる話しです。
私は仮想通貨が盛り上がっている時に家族にその話をして誘ったのですが見事に全員に断られました。
その時は分かってないなと思ったものですが、すぐにわかっていないのは私であることが分かり反省しています。
もっと知識と技術を身に着けてより稼げるようにならなくては、生活レベルを上げずに、ということを改めて考えました。