椎名林檎という人について個人的な意見、解釈

私は椎名林檎という人間がとてと好きです。好きというか同じ人間であるというのを恥じる程に入れ込んでいます。
彼女を一躍有名にしたのはナース姿でガラスを割る”本能”という楽曲だと思います。真っ赤な口紅とミニのナース服。もう、色気というか、あの当時の音楽界に居なかった唯一無二の存在であると思います。結婚をされ、出産し、離婚も経験し、と様々な経験をし、パーフェクト集団、東京事変とし活動し、惜しまれつつさっと解散。その後のソロとしての活躍も目覚ましく、楽曲提供や、かつての事変メンバーと共演など、いちファンとしては林檎嬢を拝める機会が多々あり、嬉しく思います。
椎名林檎という人間は多才であり、ひとりの女性、母親であります。デビュー当時の楽曲と最近の楽曲を比べたら、やはり違う点は沢山あります。でも何故か離れられない。それは彼女が今を生きているからだと感じます。歳を重ねてどんどん美しくなる彼女。過去も大事だけれど今この瞬間を生きている、ということが彼女への憧れに繋がっていると思います。