プレートやマグニチュードなどについて授業

プレートについて学校しました。プレートの沈みこむ所に海溝があり、海溝に平行して火山がならび、震源が分布しています。震源の深さは日本海サイドほど濃いだ。次は、地層についてだ。離れた2地区の地層を肝要階級により、同一の地層と決められます。新しい地層は、水を多数取り込むやわらかい粘土の階級だ。次は、マグニチュードについてだ。マグニチュード(M)が大きいほど、遠くまでゆれが伝わります。震源に間近い地区ほど、初頭微動受領期間(P-Sポイント)が少ないだ。大地震でも、はげしいゆれは1食い分以下だ。悪い地震でも震央最寄りは著しくゆれます。規模の幅広い地震ほど遠くまで感じられます。地震のエナジーは、マグニチュード(M)が0.1大きくなるとエナジーは約1.4ダブル、Mが1大きくなるとエナジーは約32倍になります。関東大地震のときの東西と南北道のりのゆれの録画を構築して示します。実際には、これにアップダウン道のりの約1cmの演出が掛かります。知らないことを勉強して良かったです。キレイモ 回数制