都内都知事・舛添氏の公費の無駄遣いについて

いま、連日のように都内都知事です舛添君の公費の非公式融資の媒体が取りあげられてある。公用愛車での別荘通い、国外来訪でのファースト地位、ハイソサエティー旅館の応用、ファミリーのディナーにおける公費の敢行など。一部出ると、ひっきりなしに出るもので、都民が知らないうちにこれだけ非公式に租税を使用していたのかと思うと、あきれるばかりだ。ほぼ舛添君だけではなく、過去の都知事も鮮やかづくしに租税を使用してきたと思うのですが、なんで舛添君だけこれほど叩かれるのかと考えました。必ず石原君はより使っていたのではないかと思うのですが、恋人は都知事としてありとあらゆる方針を打ち出し、動作し、結果を残したので豪遊しても誰も何も言えない。その前にあのユニークだけに怖くて何も言えないというのがホンマでしょうか。舛添君は東京に対して、殊に大した方針を行っておらず、成約もないので叩かれてしまっています。あのファースト地位費用、ハイソサエティーホテル代、ハイソサエティー食堂でのディナー費用のすべてをまとめれば、東京における保育園ウェイティング小児厄介の解除に少しは役立ったのではないかと思います。厄介は保育園だけではありませんが、多少なりとも都のためにと思っているならば、あれほど豪遊づくしできないのではないでしょうか。次期知事には、租税を無駄遣い終わる人様を選びたいと強く思います。

経のサパーのメインは春巻きにしようかな。

自身は春巻き大好きです、身寄りも大好きですし、安く出来るし、野菜盛りだくさんですし、工具をかえればいつもと違うし。ま、普通の春巻きのぐなのですが豚肉、キャベツ、にんじん、しいたけ、玉ねぎ、はるさめを入れます、はるさめは何とぞ入れて頂きたいトピックだ、炒めるって野菜はしんなりして嵩が鎮まるのでこれでもかとゆう程度入れます、徹底炒めたらほんの少しの砂糖といった中華だし、醤油、ごま油でフレーバーをつけて片栗粉でトロミをつけます。きちんとトロミをつけないってあげた時に潤いが皮から出て油がはねます。後は粗意気ごみを取ってから春巻きの皮で巻いて揚げたら出来上がり。工具は多めに入れます。
家中ばく付く春巻き。苦手な小松菜など時折入れたり行なう。
いつも苦しむのが表紙を春巻きにしたシチュエーション補欠は、春巻き組み立てに疲れたら冷奴とかになっちゃいます。補欠も頑張らないとですね。極力短い時間でぱぱっとメニューを終わらせたいのですがポイントの酷い自身はオロオロなんだかんだ…春巻き組み立てはダイスキが別は苦手な自身。