感服!トンデモンストレーションビューティー師に苛苛?あんなフィットいいの??

土曜日に行った美容師さんに信じられない自分がいました。

減額、色つや、パーマ、トリートメントのフルコースで
ホットペッパービューティーより依頼しました。

処置取り付け間を見ると「3間」とありました。

即日、伸びることもなく間街ゴール。

減額をして、パーマをかけ、色つやという流れです。

色つや液を押し出すらササっとトリートメントをして
ドライヤーで乾かしてから髪の設置ですよね。

私もこういう極めて一般的な流れで進みました。

パーマの罹りお客様や色つやの入り始末など
気になる地点を上げればキリがないのですが…

一番の課題は「ドライヤーで干す」パートだ。

髪の乾かしお客様については丁寧に伝授くださいました。

「特に根元をちゃんと乾かしてから毛尖端を乾かします」

「よくドライヤーを覚えすぎてしまうとパーマが落ちます」

「なので、根元を乾かしてからは天然ドライでも良いですよ」

「ムースなどのスタイリング剤を使うと保ちが良くなります」

と、はなはだ丁寧に教えてくださいました。

違和感はここからだ。

あたいが先行き、自分で賢く髪の毛設置できるように
先ほどのような批評は頷けるのですが…

専門美容師さんは根元だけ乾かしムースをつけエンディング。

「…おや。もう終わり?」と思いました。

美容師さんは「では、以上になります」とお会計。

あまりの急ぶりに訊くに聞けませんでした。

お会計を済まし仕事場を出て便所に直行だ。

鏡を確認しても「髪の半が濡れたとおり…」

自分で髪の毛セットするときは構いませんが
美容室まで来てこの状態はいかがなものかと。

ついつい現時間を見ると10当たり過ぎていました。

「ひょっとしたら、予定時間が過ぎて次の相手方に乗り遅れるから?」
とも思えるような機動ですよね。

20、半経つと毛髪がばっちり乾いていました。

そんなトン試用美容師がいるもんだとつくづく知らされました。