中生代のことと新生代にあたって実習しました

中生代などに関しまして研究しました。ジュラ紀から白亜紀にかけてはマントル一部分のプルームの実施が活発化し、外層でのプレートの作用調子もはやくなりました。海嶺や島弧の火山からは大量の二酸化炭素が発光され、二酸化炭素濃度の良い時間が長く続きました。また顕命料金の中では何より安定した、温暖な空模様の時でもありました。海水セミは厳しく、鳥獣の生産量が増大して地層中に大量の有機物が埋蔵され石油の母となりました。次は、新生代についてだ。新生代(6600万世代前方〜近頃)は、古第三紀・新第三紀そうして第四紀に分けられます。古第三紀の当初は、中生代からの穏やかな空模様が続いた時だ。中生代から新生代への鳥獣界の違いもきわめてきついものがありました。陸上のアニマルでは恐竜にかわって哺乳類が活躍し、古第三紀の初めには現在の哺乳類のほとんどの部門の祖先が出現しました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがあったので知れて良かったです。